<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ペンダントライト。

今日は梅雨らしい天気ですね。たまには雨も降ってくれないと、水不足が心配になるので、じめじめしていますが、我慢しましょう。

d0012536_1640380.jpg






ところで、JULIE PRISCAの照明はほとんどがフロアランプやテーブルランプなのですが、ペンダントの新作情報が入ったので、ご紹介。プリーツの入ったホワイトの大型シェードが美しいランプです。彼女のここ最近のデザインの傾向ですが、ここにもシンプルフェミニンな雰囲気が現れていますね。いかがでしょう?


それでは、また。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-22 16:47 | JULIEPRISCA

新商品アップ。

今日も暑いです…。
ここのところ、お蕎麦が美味しくて毎日食べています。

ところで、JULIE PRISCA WEBの照明のページに、新商品をアップしましたので、ご覧になって下さい。
アップしたのは、EN ATTENDANT VENISE(オンアテンダンブニーズ)とLEO(レオ)。
それから、ARISTIDE(アリスティド)とGEOMETRIE VARIABLE(ジオメトリーバリアブル)は写真の入れ替えをしています。

それでは、また。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-19 11:30 | JULIEPRISCA

LEO フロアランプ

d0012536_11582725.jpgおととい入荷したアイテムからご紹介。
LEO floorlamp(レオ フロアランプ)は、縦長のスクエアなシェードが特徴です。JULIE PRISCAのコレクションには幾何学的なデザインのものがいくつかありますが、こちらもその一つ。すっきりした中にも造形的な面白さが感じられます。
高さの調整も出来るので、実際の使い勝手も良く、リビングや寝室、玄関コーナーなど、置く場所を選ばないのも魅力です。

ところで、JULIEの照明には多く取り入られていますが、高さ調整部分のつまみが何とも味があって、良いです。つまみを回して締めると言う動作に、ワンタッチでカチッととまるストッパーよりも親しみを感じてしまうのは何故だろう?と、ふと思ったりしました。

LEO florlampのデータは、随時JULIE PRISCA WEBにもアップしていきますので、宜しくお願いします。
(*LEO floorlamp / size:117-162mm / price:115,500yen-)
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-17 12:17 | JULIEPRISCA

商品到着。

JULIE PRISCAの商品が入荷しました。梅雨入りという事で、雨に濡れてしまうのではないかと心配しましたが、晴天で無事到着。良かった。(けど、天気はおかしいですね…。これも温暖化の影響なんでしょうか?)

それにしても、いつも思うのですが、インテリア(特に大型の商品)の輸入と言うのは、本当コストが掛かります。大きな段ボールの中はほとんどが空気と梱包材なのですから…。洋服屋さんが羨ましいです。洋服なら、段ボールいっぱいに詰めこめるし、破損するものではないですもんね。
ま、そうはいっても壊れて到着するのが一番困るので、やむ追えないのですが…。

今回入荷したアイテムの中では、ARISTIDE(アリスティド)とLEO floor lamp(レオ フロアランプ)が思った以上にいい雰囲気。写真はまた、こちらでアップします。


では、また。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-16 17:28 | JULIEPRISCA

多摩川散歩。

d0012536_10212316.jpgd0012536_10213632.jpg





考え事をする時、動き回る方ですか?じっとしてじっくりと考える方ですか?
僕はひたすら歩きながら考えます。ジッとしてるよりも、アグレッシブな結論が出せるような気がします。
ということで、昨日は18時過ぎから(さすがに昼は暑すぎて歩けませんね…)多摩川早歩き散歩。普段東急東横線を使っているので、多摩川の駅で降り、そのまま川沿いに二子玉川まで片道約1時間。ずっと川沿いなので、空気がとっても美味しいし、ランニングや犬の散歩をしている人も多く、安全です。
二子玉までひたすら歩いて、その後玉川高島屋で休憩がてらにTIME&STYLEIDEEを見て、またまた歩いて戻る…、っていうコース。
ちょっと汗ばむくらいだし、リフレッシュにはとても良いですね。

…話が飛びますが、明日JULIE PRISCAの新商品が到着します。追って、ご紹介しますね。
破損なく、無事着きますように。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-14 10:42 | OTHERS

JULIE PRISCA WEB (france)

雨の月曜日。だんだん梅雨が近づいてますね。

さて、JULIE PRISCAのフランスのWEB SITEが大幅にリニューアルされています。シンプルなつくりでJULIE PRISCAらしい上品なサイトになっていますので、是非チェックしてみてください。
尚、日本版サイトではご紹介していないアイテムも載っていますが、全て取り寄せ可能です。

サイトは、こちら
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-11 13:17 | JULIEPRISCA

ワイン。

日曜日なので(?)、ワインの話題を。

d0012536_155384.jpg自然派のワイン好きの方には、とっても有名なのでしょうが、遅れ馳せながらオリヴィエ・クザンル・クザン グロロ」(赤ワイン)を飲んでみました。
蚊がワインオープナーを持って飛んでいる、とってもユーモラスなラベルですが、味は本格的!ビックリするくらいの喉越しの良さと果実味。日本はこれからの季節湿気が多くなるので、ビールに行ってしまいがちですが、これなら楽しんでいただけそうです。
それにしてもワインの値段のつき方というのは不思議ですね…。他のお酒はおおよそ美味しいものが高いという構図が成り立っていると思うのですが、ワインに関しては、それが全く関係無いような…。ま、美味しくてリーズナブルであれば、それに越した事はないですが。

ちなみにこのワイン、恵比寿の「3amours(トロワザムール)」というショップで扱ってますよ。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-10 15:28 | FOOD/DRINK

東京都庭園美術館

d0012536_12235233.jpg




東京では新しい美術館がたくさん出来ていますが、昔の建物をそのまま使った美術館も魅力的ですね。東京都庭園美術館では、7/1まで「大正シック」という展覧会をやっていて、もちろんそれは面白かったのですが、美術館の建物自体もとても興味深いものでした。
もともと朝香宮(あさかのみや)邸として1933年に建てられた建物で、その後迎賓館などに使用されていたものをそのまま美術館にしたとの事。天井、照明、換気口、ドアノブ、窓・…、あらゆる所に装飾が施されていて、きょろきょろしてしまいます。

ここ数年アートがどんどん身近になっていますね。いいものを沢山見て、どんどん楽しみましょう!
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-07 12:44 | INTERIOR

変遷。

今日はちょっとだけJULIE PRISCAの日本での歴史に触れてみましょう。

JULIE PRISCAの作品が、日本に最初に紹介されたのは、1994年から神宮前のキラー通り沿いにあったカトリーヌ・メミの店舗でした。今も人気のNOCTURNEなどが、いわゆるOEMのようなカタチで日本に登場します。このショップは当時はかなりの注目度でしたね。今も当時のスタイルのファンだと言う方はたくさんいらっしゃるようです。

そのカトリーヌ・メミが閉店した後(今はカッシ‐ナが代理店になって復活しています)は、東京ではメゾン・デピスというインテリアショップがアイテムを扱います。加えて、関西地区では大阪大丸にもコーナーが出来ました。大丸ではソファ・テーブルなど大型の商品も常時展示されていたのです。
また、さらにその後は東京と京都に店を構えるグリーンゲイブルス(インテリアショップ)が照明を取扱いを開始。その他にも短い期間や単発での取り扱いはあったようですが、ざっと説明するとこんな感じになります。

そして、いろいろな代理店さんがかわりながら、最終的に我がFUGAの取扱うところとなったのです。
…感慨。

巡り巡って関わる事が出来るようになったブランドなので、大切にしていきたいです。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-06 18:25 | JULIEPRISCA

KAKI KROENER

本日は、JULIE PRISCAとも親交のある女性インテリアデザイナー、KAKI KROENER(カキ)さんがPOUENAT(プエナ)というインテリアブランドの為にデザインした、照明とテーブルをご紹介。

d0012536_17401137.jpgd0012536_17402364.jpg






彼女のデザインは、モダンで大胆、という言葉が良く合います。サイズが大きくても間延びしないデザインは素晴らしいです。写真のアイテムに関してはPUENATというブランドの雰囲気に合わせて装飾性も加えられていて、ゴージャスですね。
ちなみにランプのシェードはゴールド塗装された鉄製です。

蛇足ですが、パリ在住のアーティストやデザイナーは本当に横のつながりが強くて、芋づる式に色々な人の名前が出てきます。ビジネスが絡んでも、ドライになりすぎずに人間関係を重要視するのは昔からの習慣なのでしょうか。パリの魅力の一つだと思います。
[PR]
by julie-prisca | 2007-06-04 17:57 | INTERIOR


パリ発のインテリアを取り扱うFUGAS(フーガ)のブログ。


by julie-prisca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

カテゴリ

about us
JULIEPRISCA
INFORMATION
INTERIOR
ART
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧